公明党都政レポートとは、都議会公明党の活動を定期的に報告するサイトです。




【緊急要望】学校特別教室の空調整備


4/9(火)午後、都議会公明党は小池知事宛に、「学校特別教室の空調整備計画策定に関する緊急要望」を行いました。
以下、要望内容です。

学校特別教室の空調整備計画策定に関する緊急要望

近年の猛暑は健康被害にも及ぶ異常な事態となっており、特に学校施設に おける空調整備は喫緊の課題となっております。
都立高校では普通教室の冷房設備が100%整備されておりますが、理科教室、調理室、実験室などの特別教室への空調設置は遅れており、都立高校190校のうち未整備校は90校にも上っております。しかも、これまでの整備実績によると、年間数校程度の整備にとどまっているのが実態です。

今後、猛暑がますます著しくなると想定されことから、生徒の学習環境を守るため、特別教室への空調整備を急ぐべきです。
緊急対応として下記の取り組みを早急に講じるよう強く要望いたします。

1.学校体育館の3ヵ年整備計画に準じて、これと同等の整備計画を策定すること

以上

席上、小池知事より、実態を調べて「早速検討させていただく」とのコメントがありました。
なお、要望は、東村邦浩幹事長、谷村孝彦幹事長代行、のがみ純子、小磯善彦、上野和彦、斉藤やすひろ、細田いさむの各都議が行いました。