公明党都政レポートとは、都議会公明党の活動を定期的に報告するサイトです。




台風第15号に対する島しょ地域への対応に関する要望

 

 

令和元年9月10日

東京都知
小池百合子殿事

都議会公明党
幹事長 東村邦浩

8日深夜から9日未明にかけて小笠原諸島及び伊豆諸島を襲った台風第15号によって、短時間での集中的な豪雨と記録的な暴風で多くの建物被害が発生した。また、暴風による倒木や電柱の倒壊により、伊豆諸島の広い地域で停電が発生するとともに、停電に伴う断水などが発生している。

こうした中、都は、生活物資の支援など早急な対応を行っているが、一刻も早い被災者への支援と長期化が想定される復旧・復興のために、都の支援・強化を拡充すべきである。

被災地の要請に基づき迅速に対応するよう、以下の対策を強く要望する。

① 都としても、島しょ町村と連携し、早期の被害状況の詳細な把握に努めること
② 必要となる支援を行うとともに、島しょ町村からの要望についても速やかに対応し、早期の復旧に努めること
③ 停電、断水が続いている大島・泉津開拓地、差木地の一部地域の復旧を急ぐこと
④ 被害を受けた家屋、都立大島海洋国際高校校舎の復旧を急ぐこと